広さに差がある賃貸と一戸建て。 間取りで見るとどう違う?

コンパクトに機能がまとまる
賃貸の間取り。
ゆとりがみられる一戸建ての間取り

一般的なファミリー向けの賃貸物件の広さが平均60㎡であるのに対して、一戸建ての広さは平均85㎡とゆとりがあるというデータがあります(※2019年LIFULL HOME’Sデータで北九州エリアの2DK以上ファミリータイプの平均値より)。25㎡=約16帖ほどの差がある賃貸と一戸建てですが、実際にその広さはどのあたりに違いがあるのでしょうか?

■賃貸の間取り図

賃貸の間取り図

■一戸建ての間取り図

一戸建ての間取り図

上記の図は、実際の一般的な賃貸物件の間取りと一戸建ての間取りです。

広さに差があるので、もちろん一戸建て
のほうが居室数は多いですが
(物件により違います)
間取り図を見ると一般的に賃貸では、廊下などの動線はなく、コンパクトに部屋同士が隣り合い、
まとまっていることがわかります。できるだけ空間をお部屋に使うように、設計されているようです。


一戸建ては廊下を通じて各居室があり、生活の動線に配慮されています。寝室や子ども部屋なども、個々の家族のプライバシーが保たれる設計となっているようです。一方で、みんなが集まるリビングダイニングはゆったりととられており、キッチンも対面式で家族の様子が見渡せる設計になっています。またリビングからつながる部屋は小さなお子様のプレイルームや夕食前の勉強スペースとして、また家事スペースとしても活用できそうです
※いずれもプランによる

一戸建ての間取りの中でも
賃貸と差がある「収納のゆとり」

間取り図を見て、もうひとつ大きく差がみられるのは収納の差です。

■賃貸の間取り図

賃貸の間取り図

■一戸建ての間取り図

賃貸はできるだけ生活空間に広さを充てられるように設計されており、居室ごとにクローゼットがあっても収納は十分だとはいえないケースが多いようです。結果、しまいたいものがお部屋に置きっぱなしになったり、家具を買い足して収納を補うことになりそうです。

一戸建ての間取り図を見てみると、
各居室に十分な収納があることが
わかります。
居室ごとのウォークインクローゼット
だけでなく、
玄関収納や
洗面・トイレにもそれぞれ棚が
備え付けられています。

これなら、新たに収納家具を買い足さなくてもスッキリと暮らせますね。

設計者に聞いた
「一戸建ての間取りのヒミツ」

賃貸と比較して、プライバシー確保や生活動線、収納力などに差がある一戸建ての間取りですが、ほかにも細やかな配慮がされて設計されているようです。
大英産業のサンコートシリーズの設計者に、そのポイントを聞いてみました。



「例えば収納については各部屋だけでなく、家族が共有して使うリビングや洗面所などにもどれだけ収納をとれるかを考えて設計しています。
プランにもよりますが、電化製品やインターネットが普及する暮らしの中で不可欠なコンセントは洋室に2つ、主寝室には3つ、LDKには4つ設置しています。また、収納の中にもコンセントを設置して掃除機などの充電ができるようにしています。
家族の方々の生活動線も考えて、間取り設計をすることも大切です。例えば、キッチン横に洗面所を置くなど、効率よく家事を行うため家事動線が短くなるように配慮しています。

そしてこれは、間取りではないですが、住居同士の配置にも、日当たりを考慮したり、互いの住まいのプライバシーを守れる配慮をしていますし、どうしても目線が気になるときには窓にすりガラスを採用したりしています。お隣同士の外壁の素材や色などがかぶらないようにして、住まいごとの個性も大切にしています。

私たちは分譲住宅を提供していますが、お客様が注文住宅で求められているものを参考に分譲建売でも“良質な価格で高いグレードをいかに提供できるか”を常に考えています。」

一戸建てならでは!
間取りから見える敷地の活用方法

建物以外にも敷地を含む間取りを見ると、一戸建てのゆとりや楽しみが見えてきます。



敷地内には2~3台分の駐車スペースがあり、家族だけではなく、親戚や友人、車でいらしたお客様にも対応できそうです。設計の方にお聞きすると「なるべく並列で止められるように敷地を計画している」とのことでした。
また、居室に面した敷地を小さなガーデニングや植栽にこだわったスペースにすれば、窓からの景色も楽しくなります。

これからの「一戸建て」の間取り

住まいは時代や暮らし方により、変化をし続けています。設計や間取りにも新しいプランが増えていくようです。最後にこれからの住まい方にあわせた、サンコートおススメの間取りを見てみましょう。

住まいは時代や暮らし方により、変化をし続けています。設計や間取りにも新しいプランが増えていくようです。最後にこれからの住まい方にあわせた、サンコートおススメの間取りを見てみましょう。

働き方が変わりつつある今、家で楽しむこと、家族と過ごすことを優先に考える人々が増えています。そのため、こちらのプランでは家族で過ごすリビングは広々と16畳とられています。リビングからつながる部屋もあり、それぞれの暮らしに合わせて自由に使える空間として育児スペースやお子様の下校後夕食前の宿題スペース、書斎、家事室、客間としてフレキシブルに活用できそうです。

料理を楽しむ人も増えていますよね。健康志向もあり、毎日の食事を豊かにするために、自家製のジャムやお味噌、ぬか漬けなどを作る人も多くなってきたようです。キッチン横のパントリーは常備食品や非常用食品を置くだけでなく、手作りの食品をストックしておく楽しみを広げてくれそうです。


また、日本は超高齢社会をむかえますが、言い換えると「長生きを楽しむ社会」になっていくとも言えます。お年寄りも快適に暮らせるようにバリアフリーへの配慮や手すり、ゆったりとしたバス・トイレも必要です。トイレは各階に設置することで、階段の上がり下りの負担を減らしています。
自分のあった住まいを選ぶため、間取り図を見ながら暮らしを考えるのは楽しいものです。お子様の成長に合わせたり、自分の趣味に合わせたりして、お部屋の使い方を考えてみるとよいでしょう。まずは間取りプランでいろいろ暮らし方を想像してみて「こんな住まい、いいな」と思ったら、ぜひモデルハウスに足を運んで、物件を実際に見学してみましょう。

働き方が変わりつつある今、家で楽しむこと、家族と過ごすことを優先に考える人々が増えています。そのため、こちらのプランでは家族で過ごすリビングは広々と16畳とられています。リビングからつながる部屋もあり、それぞれの暮らしに合わせて自由に使える空間として育児スペースやお子様の下校後夕食前の宿題スペース、書斎、家事室、客間としてフレキシブルに活用できそうです。

料理を楽しむ人も増えていますよね。健康志向もあり、毎日の食事を豊かにするために、自家製のジャムやお味噌、ぬか漬けなどを作る人も多くなってきたようです。キッチン横のパントリーは常備食品や非常用食品を置くだけでなく、手作りの食品をストックしておく楽しみを広げてくれそうです。また、日本は超高齢社会をむかえますが、言い換えると「長生きを楽しむ社会」になっていくとも言えます。お年寄りも快適に暮らせるようにバリアフリーへの配慮や手すり、ゆったりとしたバス・トイレも必要です。トイレは各階に設置することで、階段の上がり下りの負担を減らしています。

自分の暮らし方にあった住まいを選ぶのに、間取り図を見ながら暮らしを考えるのは楽しいものです。まずは間取り図でいろいろ暮らしを想像してみて「こんな住まい、いいな」と思ったら、ぜひ現地に足を運んで物件を実際に見学してみましょう。