生まれ育った町で暮らせる幸せ

K様

マイホームを探されたきっかけはなんですか?

「双子の子育ては想像以上に大変でした(笑)」
妊娠初期に第一子が双子と分かったとき、私たち夫婦の両親も大変驚きました。初めての子育てというだけでも四苦八苦するのに、いきなり二人ですから家計も大変です。小倉北区で生まれ育った私たち夫婦は、双子が小学校に入学するくらいまでは(奥様の)祖母の実家の二階で暮らそうと引っ越しました。でも、やはり双子を二階で育てるのは想像以上に大変なことでした。駐車場代もいらなくて、足音も気にしなくていい戸建住宅に住みたくなったのです。そこで、年中忙しい主人がなんとか休みがとれた2013年明けの真冬、集中的に展示場めぐりをしました。

この物件を選ばれた理由は何ですか?

「小倉北区に住みたい」
第1条件は「実家に近い小倉北区に住むこと」。それに、ローンを組むので長い目でみるとマンションよりは戸建てのほうがやはりいいということに。そんな時、大英産業の折込広告が目に留まりました。ちょうど新居が建売住宅として販売を開始した頃でした。(奥様の)実家からクルマで10分、二階を間借りしていた祖母の家から徒歩20分、いずれ通う小学校も徒歩10分という絶好の立地で本当にラッキーでした! さらに、大通りに面してないので人目を気にしなくていいことや、クルマ2台分の駐車スペースがあることもポイントが高かったですね。

「シンプルな感じがすぐ気に入ったのです」
新居はまだ完成していなかったので、小倉南区のモデルルームで内装や間取りを確認。シンプルな内装が気に入りました。日当たりがよくて収納も多い。リビングを通らなければ行けない階段も、双子の男の子が大きくなったときのことを考えると必須条件でした。まだ双子は危なくて上がれないけれど、いずれ子供部屋になる2階の一つは、今はおじいちゃんの趣味の部屋になっています(笑)。そして、今、双子の遊び部屋になっている1階のリビングつづきの仕切れる部屋は、いずれは客間兼用として私たち夫婦の趣味の漫画部屋にしようと楽しみにしています♪

「何度もシミュレーションした支払いのこと」
私たちにとって大英産業の営業さんは、書類作成や税金のことからローンの組み方まで教えてもらう心強い味方でした。つわりもひどくて入院するほどだったので、双子の子育てを考えると共働きは当分できそうにないから、本当に支払っていけるのかを何度も何度もシミュレーションして、すごく話し合って決めました。営業さんに全幅の信頼を寄せて新居購入に奔走したので、念願叶って本当に嬉しいです。

お客様の声一覧に戻る